任意整理について学ぶ

任意整理の場合、どのくらいたてばクレジットカードを作れますか

任意整理を行った場合には個人信用情報に金融事故として情報が記録されるため、一定期間はクレジットカードが作ることが出来なくなります。
ここで「具体的に作れなくなる期間はどれくらいなのか」という疑問は出るもので、この回答については基本的に5年間として考えて差し支えありません。
任意整理の情報が個人信用情報に記録されてもその記録保持期限は5年となっており、5年が経過したのであれば個人信用情報からその情報が消えますからクレジットカードは作れるようになるのです。
ただ例外となるのが任意整理の対象に契約しているカード会社を選択した場合です。
個人信用情報から金融事故の情報が消えるのは5年となっていますが、カード会社はそれぞれで自社データベースを有して顧客情報を管理しています。
この顧客情報には過去にどういったことがあったかも記録されているため、一度任意整理を持ちかけたカード会社ではもうクレジットカードは作れなくなる可能性があるのです。
これについてはケースバイケースであるために何とも言えない部分はありますが、こうした可能性はあるためにもし申し込むのであれば以前使っていたのとは別の業者を利用するようにした方が良いでしょう。

任意整理をした場合、携帯電話は使えなくなるのでしょうか

任意整理をすると携帯電話が使用できなくなるということは一部で言われていますが、実際にはそうしたことはありません。
毎月の使用料をしっかりと支払えているのであれば既に契約している回線が停止されるということはありませんし、その後任意整理をしたことが知られたとしても回線が停止されることは無いでしょう。
これは代金を先延ばしにせず、翌月など一月ごとにしっかり支払っているからです。
確かに任意整理をしたという情報は金融上の信用を下げることではありますが、料金を支払えている間は回線が止まることは無いとみて良いでしょう。
ただ注意をするべきなのは機種変更の時で、現在の機種変更はおおよそ割賦販売の形式で行われています。
この際には各携帯電話会社が提携している信販会社などが一時的に代金を立て替えて、ユーザーが2年などかけて払っていく方法です。
あまり意識はされませんがこの割賦販売は一種の借金のような物ですから、機種変更をしようとした時に任意整理の情報が足かせとなって割賦を断られる可能性があります。
その場合は代金を一括で支払うなどの形で対応するようにしてください。

recommend

山菜 通販
http://www.mimori-farm.com/

2017/4/27 更新