任意整理について学ぶ

任意整理をすると必ずブラックリストに載る?

任意整理を行った場合にはブラックリストに掲載されるとよく言われていますが、実際のところこれについてはどうなのかと言われると「掲載されない」となります。
というのも現在の金融業界でブラックリストというものはなく、あるのは個人信用情報のみです。
この個人信用情報に任意整理の情報が記録されるだけですから、何らかのリストに名前と住所が記録されるなどのことは無いわけです。
さて、しかしこの個人信用情報に任意整理の情報が記録されるということは、金融機関にとって信用の出来ない相手であると判断されるというのも事実です。
よって任意整理をした後には個人信用情報からその情報が消えるまで、新たな融資は受けられないとして考えた方が良いでしょう。
情報が消えるまでの期間は5年と定められていることが一般的であるため、機関としては5年間借り入れが出来ない形になります。
債務整理をする状況にあったのであればしばらくの間は借金をせず、自身の状況を立て直すことに専念しましょう。

任意整理をする上でのデメリットはどういう点でしょうか

任意整理をする上でのデメリットとしてまず考えられるのは合意に至らなければ債務整理が出来ないことです。
任意整理というのは任意で行う債務整理であり、この任意というのは債権者と債務者双方のことです。
債務者が借金の返済が辛いからどうにかしてほしいと言っても債権者側がその交渉を断った場合には債務整理として成立がしないため、確実性に欠ける部分があるのは否めません。
実際のところ任意整理を断った場合には債務者が自己破産などのより重い債務整理に移行するため、全く応じる姿勢を見せないという業者は少ない方です。
ただ最近では業績の不振から返済条件に関する交渉には一切応じないとしている業者も出てきていますから、この点は要注意です。
また別のデメリットとしては債務整理の効果がそこまで高くないということが挙げられます。
個人再生や自己破産は法律に基づいての大きな債務削減効果が得られるのに対し、任意整理の場合は将来的な利息のカット程度の削減効果しか得られません。
気軽にできるというメリットはありますがこうした点はデメリットになるため注意しておきましょう。

Favorite

2017/7/3 更新