任意整理について学ぶ

任意整理と個人再生の違いについて

任意整理と個人再生の最も大きな違いは、借金をどれだけ減額できるかというところにあると思われます。
任意整理では、原則として利息と遅延損害金を全額カットできます。
未払いだった利息だけでなく、将来の利息も全額カットできるので、それ以後は元本だけを返済していくことになります。
一方、個人再生では、法律によって減額できる金額が決められています。
100万円未満ではいっさい減額できず、100万円以上500万円未満では100万円まで、500万円以上1500万円未満では5分の1まで減額ができます。
それ以上ではさらに減額率が上がりますが、5000万円を超える場合は自己破産をする必要があります。
任意整理では利息と遅延損害金しか減額できず、元本はまるまる残ることになりますが、それでもこちらの手続きを利用する人のほうが多いようです。
その理由として、整理の対象とする借金を自由に選べるということがあげられます。
例えば、自動車ローンがある場合には、整理してしまうと自動車が没収されてしまいますが、自動車ローンだけを整理の対象からはずすことで、自動車の所有を続けることができます。
また、奨学金などのように、連帯保証人がついている借金も対象からはずしたいという場合にもメリットがあります。
また、ブラックリストに載る期間も、任意整理は5年、個人再生では5年~10年と、前者のほうがメリットがあるようになっています。

任意整理と債務整理との違いについて

債務整理と任意整理は同じものであると勘違いされやすいのですが、任意整理は幾つかある債務整理の手続きの内の一つで、債務整理の手続きの中には、他にも自己破産や民事再生、特定調停などといった手続きも含まれます。
しかし、これらの手続きは裁判所を介することになるため、手続きが面倒で解決までに時間がかかることが多いため、債務者が無職であったり、特定の財産を保有したかったりという特別な事情がない限り選ばれることがありません。
ほとんどの借金問題に悩む債務者は裁判所を介さないため一番手軽な方法であるとされている任意整理の手続きを踏むことになります。
借金問題などを得意分野とする弁護士などの法律の専門家に相談の上、任意整理の手続きに踏み切ると、債務者にお金を貸し出した貸金業者などの債権者に受任通知が届けられます。
受任通知が債権者の手元に届くと債務者に対して取立てをすることが違法行為となるため、取り立てが止まります。
そして、弁護士が代理人となって債権者との交渉を行いますので、債務者は債権者と直接顔を合わせて交渉をする必要がありません。
これは、この手続きの大きなメリットの一つで、さらに金利がカットされ三年を目処に返済できる範囲の金額に債務も圧縮されることになります。

recommend

司法試験 予備校
自由が丘のヨガスタジオ
美容室 砺波
厨房機器 買取
創価学会 仏壇
税理士を池袋で検索

2017/7/27 更新